歯医者を利用する

正しい歯ブラシの選び方

人は食事の後に歯を磨きます。歯を磨く理由は、むし歯を防ぐためでもありますし、口の中を清潔に保つといったことでもあるでしょう。歯磨きの時に、あまり意識していないのが歯ブラシです。歯ブラシもさまざまな形状のものがあり、用途によって使い分けができるものがあります。歯医者に行くと、治療がすべて終了したときに歯ブラシをプレゼントしてくれるところがありますが、そのときに気がつくことはないでしょうか。実は、歯医者が推奨する歯ブラシの形状があるのです。それは、ブラシの部分がフラットになっていて、ブラシ部分も大人の第一関節より短く、ブラシからグリップまでまっすぐに伸びているタイプの歯ブラシで、とてもシンプルなものです。

歯ブラシ選びで変わるのです

歯医者が推奨する歯ブラシは、一見すると本当によく磨けるのだろうかと思う人も多いでしょう。毛先が丸くなっていたりグリップがカーブしているものの方が、磨きやすく感じます。しかし、歯医者が推奨する歯ブラシは、毛先が歯と歯ぐきにぴったりと密着し、歯と歯の間の汚れをかき出すことができる優れものです。歯を磨くときは、力を入れすぎないことが大切です。強く磨くことでブラシが曲がってしまい、汚れをかき出すことができません。毛先が歯の表面にしっかり当たることが大事なのです。少しずつ小刻みに歯ブラシを移動させながら磨くと、汚れも落ちやすくなります。歯並びが悪い人は、専用の歯ブラシがありますから併用して磨くようにしましょう。