治療とメリット

歯を美しくするホワイトニング治療とは

歯科の中に審美歯科と呼ばれる診療科がある。虫歯や歯周病、歯槽膿漏などを予防、治療をするのが家の近くにある一般の歯科であるが、それに対して、歯を美しくすることを目的とした歯科治療をするのが審美歯科である。 審美歯科で行われる治療にホワイトニング治療がある。ホワイトニング治療とは、歯を漂白することで白く輝かせる治療である。治療を行う手順は、まず歯の診断から始まる。歯の表面状態や色を確認し、また、神経が残っているかなどを考慮してホワイトニング治療が可能か判断する。 次に治療前の処理として、より効果を上げる為、歯の付着物を取り除いておく。その後施術に入るが、一般的な方法は、ホワイトニング剤を歯の表面に塗布した後、これにハロゲンライトなどの光を照射し、色素を分解することで歯を白くするのである。

ホワイトニング治療のメリットとデメリット

ホワイトニング治療にもそれぞれメリットとデメリットがある。メリットとしては、歯への装着物は使用せず薬を塗布するだけなので、歯を削る必要はない。その為、歯へのダメージがほとんど無い治療法であるといえる。 一般のホワイトニング剤として使用される薬の主成分は、消毒薬にも使われている過酸化水素であるので、安全性上問題もない。また、施術は数回行うのが一般的であるが、回数によって自分の好みの白さ、明るさに調節できるのも魅力である。人によっては歯が白くなりすぎるのを嫌う場合もあるからだ。 デメリットとしては、一回の施術での効果は6か月から1年程度で、その後日常の生活で歯は着色されてしまう。また、入れ歯や差し歯などの人工歯には、この施術では白くできない、などが挙げられる。